blog
ブログ

「IFTTT」でTwitterとスプレッドシート連携すると、より便利に。
ifttt

こんにちは。暇さえあればTwitterを延々と見ちゃう、ヒガシです。
今回は、そんなTwitterで特定の言葉だけ集めたい!という時、IFTTTを使ってより便利に使っていく方法をご紹介します。

そもそもIFTTTとは?
様々なサービス(アプリ)を連携してくれるサービスの事で『IF This Then That』の略になります。
たとえば「雨が降りそうな時はLINEで通知」したり。
「インスタに投稿した写真をTwitterにもUP」したり(※複数枚ではなく1枚投稿で可能になります)
使い方を考えるだけでも楽しいツールです。
IFTTT

ご紹介するTwitterの情報収集を、より便利にする設定(レシピ)に使うのは!
Twitterアカウント、Googleスプレッドシートです。
IFTTTはアプリもありますが、今回はWEBから作成していきます。
(なにせ…IFTTTは英語で書かれてるので…)

IFTTT_TOP

 

こんな感じで、英語で書いてあります…全ページ。
私はいつも、Google翻訳さんに助けてもらってます。

ページ上部の「Explore」から他の人が作った設定(レシピ)も見れます。
今回やろうとしてる事も、実はGoogleが提供しているレシピがあります、既に。
特定のコンテンツを含むツイートをスプレッドシートに保存する
ただ、色んな言葉を集めたい時、もう1つ同じ動作をするレシピが欲しい!!!!!(切実)
という事があったので。

「Create」で今回は1から作っていきます。
IFTTT_作成
これなら(If This)をクリックして、たくさんあるアプリからTwitterを選択。
この時に、Twitterへの認証が求められるので自分のTwitterアカウントにログインしてください。

次に動作(トリガー)を選びます。
「New tweet from search」を選んでください。

他のトリガーも、アカウント運用に役立ちそうな物が多そうですね。

IFTTT_Twitter

次に自分が集めたい言葉を入れます。
自社商品だったり、ハッシュタグ付けたイベント名が良さそうです。

私も一度、Twitterトレンドにあったハッシュタグを集めたところ。
タイムラインですぐに流れていく呟きも、どんどんスプレドシートに蓄積されて面白かったです。


ただし!

こちら、1回の発動につき15ツイートまでという制限があるので、ツイート全ては集められません。
取りこぼすツイートもあるという事だけ留意ください。
IFTTT集めたい言葉を決定したら「トリガーを作成する」を押して、Ifの設定は終了です。
次に「Then That」でGoogleスプレッドシートの設定をしていきます。

IFTTT_認証

Twitterの時と同じように「Google」と打ち込むと「Google Sheets」が表示されます。
クリックすると認証を求められるので、許可。

IFTTT_GS
アクションは「Add row to spreadsheet」を選択すると、
スプレッドシートの設定画面に移ります。
(あと、もう少し…!)

IFTTT_action
一番上は【スプレッドシート名】です。
そのままでも使えますが、後からスプレッドシートの名前を変えるとIFTTTが発動しない事があるため…
この時にわかりやすい名前を付けてあげます。

【フォーマットされた行】
特に触らなくて大丈夫です。
日時、ユーザー名やツイート内容、ツイートへのリンクなどが書き出される設定になってます。

【ドライブフォルダーのパス】
これも私は特に触りません。
ドライブ内のフォルダの設定の事です。
「IFTTT」というフォルダの中に「Twitter」というフォルダが出来ます。
スプレッドシートが自動でこのフォルダに生成されます。
1つ前のアクションで(注)として書かれてますが、2000ツイートを超えると「シート名(2)」と勝手に増えていきます。

【Create acition】
これでもうほぼ終わりです!
IFTTT_last

そのまま英語名でも良いですが。
わかりやすいように
【〇〇とツイートされると私のGoogleスプレッドシートに情報追加】
など名前を付けて、仕上げをクリックします。

通知を受け取る設定にしていると該当のツイートがあるたびに通知してくれます。
スマホにアプリを入れていると、こまめに通知が来ます。
最後に接続されているか確認して終わりです。

GoogleDrive内に先ほど設定したフォルダとシートが自動生成されています。
人気のキーワードだと次々増えていくので面白いです。
全てのツイートを拾えないのが少し残念なところ。

試しに使ってみたい!けど設定は面倒!という方は
Twitterとグーグルの認証、集めたい言葉を入力するだけで使える既存レシピがありますので、ぜひコチラを。

今回はTwitterとGoogleスプレッドシートの連携をお伝えしましたが。
EvernoteやSlackなど他のサービスで書き出す事も可能です。

数年前と比較すると、より出来る事が増えたIFTTT、自分なりの使い方を模索出来ます。
ぜひ一度、活用してみてください。

 

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る