blog
ブログ

アナタはどの世代!?ホームページの世代を調べてみた。

こんにちは。ディレクターのイノウエです。
三度の飯よりゲームが好きである私は後輩に「子どもの頃、ポ○モンどれやってた?」という質問をして、
「自分はルビー・サファイア世代ですね」とか「え。なんでしたっけあの・・・DSのやつ(ダイヤモンド・パール)」のようなジェネレーションギャップをぶつけてくる遠慮ない返答を聞いて、初代・金銀世代の私は毎回絶望しています(なら聞くなw

この○○世代。歴史あるホームページに置き換えることができるのでは!?と思い、調べてみることにしました。


黎明期世代(1984年〜)

1985年にNTTが設立し、通信サービスが日本中に広まっていきます。
1989年には日本のドメイン名「.JP」が誕生し、1992年にインターネットサービスプロバイダー、1994年にダイヤルアップ接続サービスが開始。日本におけるインターネット始まりの世代です。

ホームページは当時、下記のようなテキストのみで構成されたものでした。かがくの ちからって すげー!


世界最初のウェブサイト(CERN)
http://info.cern.ch/hypertext/WWW/TheProject.html


Yahoo!JAPAN世代(1995年〜)

1995年にWindows95が発売され個人でインターネットが利用可能になり、ホームページの利用者が増えていきます。
ホームページは、1996年に日本初のポータルサイト「Yahoo!JAPAN」が開始され、キーワード検索でよりホームページのアクセスが便利になりました。

1996年当時のYahoo!JAPANトップページ


阿○寛世代(1997年〜)

1994年からホームページ・ビルダーをはじめとするホームページ作成ソフトが発売され、趣味でホームページを作成する人が増え始めます。この頃のコーディングはテーブルレイアウト(tableタグを主に使用した手法)とfontタグを用いてタグ内にインラインでサイズや色を記述していました。
この方法で作られた例が俳優の阿部寛さんのホームページです。現在もこのレイアウトを採用していると逆に目立ってしまいますね。

阿部寛さんのホームページ(ネットの接続テストにも使用されると噂・・・)


iモード+Flash世代(1999年〜)

1999年からNTTドコモより携帯電話(フィーチャーフォン)でインターネットが利用できるようになり、ホームページもPCだけでなく、モバイル用を作成するように変化していきます。
またEメールを使ったメールマガジンなどのサービス、2020年末に開発が終了されるFlashによりホームページに動画やゲームなどが導入されていきます。


CSS普及世代(2000年〜)

1994年から存在していたCSSが普及されはじめ、ホームページのレイアウトをCSSで一括して管理できるようになり、
タグにインラインでスタイルを記述する必要がなくなり、ホームページを効率よくメンテナンスできるようになりました。


Web2.0世代(2004年〜)

Webロボット型の検索エンジン、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、ウィキペディアを始めとするウィキ、電子掲示板、ブログや動画投稿サイトなどの登場により、送り手から受け手への一方的な流れであったのが、誰もがウェブで情報発信ができるようになり、ウェブの使い方が変化していきました。

Web 2.0
https://ja.wikipedia.org/wiki/Web_2.0

SNSの先駆けとなった「mixi」。日記や友達登録・足跡機能などユーザとの交流が楽しめた。良い時代でしたね・・・


スマートフォン世代(2007年〜)

HTML5の改定と共に爆速に増え始めたのがスマートフォンです。2007年にiPhoneを発表されてから、今までPCで見られていたホームページが急激にスマートフォンで見られるようになり、スマートフォンでホームページを見られることを意識したデザイン「レスポンシブデザイン」が注目され、SEOなどもスマートフォンに対応しているホームページが重要視されていきます。

現在でも現役のレスポンシブデザイン。PCで見られてきたホームページが消える日も近い!?



いかがでしたか? ホームページ(結構インターネットとかの話が多めだったような気もしますが・・・)の世代がなんとなく理解できたのなら幸いです。
「高校のときiPhoneでしたよ?」とか「flashってなんですか?」とか言われて、ジェネレーションギャップを受けることは変わりませんけどね・・・


参考にさせていただいた素晴らしい記事
これでわかる!Webサイトの歴史 ~黎明期から現在まで~
https://wwg.co.jp/blog/4877

日本におけるインターネットの歴史とデジタルアーツのあゆみ
https://www.daj.jp/history/internet/

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る