blog
ブログ

ついにWindows7のサポート終了が来てしまいました。

本日1月14日、とうとうその時が来ました。
が、Windows10へのバージョンアップ・・・ではなく、「Windows7を使わなくてはいけない」というあなたへ。
バージョンアップは分っているけど、できない場合はどうすればいいのか。簡単におさらいしてみましょう。
チェック項目として、「最新のアップデートが適用されているか」です。
確認するために「Windows update」を実行してみよう。
更新するアップデートが存在していた場合は最新にしておきましょう。
WindowsXPの時と同様に今までのアップデートは、当分の間はできると思いますが出来なくなる前にやっておくと安心です。

法人利用で、どうしても使い続ける場合の救済策として、最大で2023年まで延長できる有料サポートがあります。
ただし、可能なものは、ProfessionalとEnterpriseに限ります。
Professionalは、1年目が50ドル・2年目が100ドル・3年目が200ドル
Enterpriseは、1年目が25ドル・2年目が50ドル・3年目:100ドル

まぁまぁの費用がかかるので、台数が多い法人はコスト増につながるので、なるべく早くWindows10へのバージョンアップしたほうがいいかもしれません。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る