blog
ブログ

ウェブデザイナーのお仕事

はじめまして。
デザイナーの角谷です。

小さい頃から絵を書いたり創作することが大好きで、
将来は何かを作る人になりたいと思い、なんだかんだでwebデザイナーになりました。


webデザイナーのお仕事は「ウェブデザインを通じて、クライアントの課題を解決し、それを必要としているユーザーに正しく届ける」=「伝わるwebサイト」を制作するという重要な役割を担ったお仕事です。


毎日楽しくデザインさせていただいてますが、何をどのように伝えるかによってwebサイトの動向は大きく変わるため、プランナーやディレクターに企画や戦略を共有してもらい、それらをデザインに落とし込めるよう常に意識し、慎重に向き合っています。


と、まあ、すごく大変な仕事のように紹介してしまいましたが、
簡単に言うと、webサイトやランディングページのデザイン、コーディングをする仕事です。


では実際にどのようなことをやっているのか、
今回は、デザイナーの業務である、デザインとコーディングについて紹介したいと思います。



デザインのお仕事

デザインに入る前にワイヤーフレームと呼ばれる設計図のようなものを作ります。
コンテンツをどこにどのような順番で配置するか大まかなレイアウトを決め、関係者全員が同じ構造の完成イメージを持てるようにします。
ワイヤーフレームは主にディレクターが作成し、デザイナーへと共有されることが多いですが、案件によってはデザイナーが作ることもあります。

私自身、設計から携わって制作を進めるほうがデザインしやすい傾向にあるので、ワイヤーフレーム設計の依頼を受けたときは心の中で張り切って臨んでいます。
「伝わるwebサイト」の土台となるワイヤーフレームの作成は制作フローの中でとても重要な工程です。


ワイヤーフレームを作ったら、次にデザインカンプを作成します。
デザインカンプとは、実際にクライアントに提出するデザイン案のことです。デザイナーの腕の見せ所です。
ワイヤーフレームを参考にしながら、illustratorやPhotoshopを使ってページのデザインを行っていきます。
手順はデザイナーによってまちまちですが、ここでしっかりとしたユーザー像を思い描き、クライアントのブランドイメージと戦略をうまく表現することが私たちの役目です。


コーディングのお仕事

デザインしたものをweb上で閲覧できるようにhtmlやcssというマークアップ言語を使ってwebサイトを構築します。
表層を飾るデザインに対し、コーディングは、外から見えない内層のデザインといった感じでしょうか。
ソースコードの記述に正解はありませんが最適な記述でコーディングすることが大切です。
メンテナンス性の高いソースコードは、無駄な時間を省き、デザインに費やす時間を増やすことができますからね。

また、javascriptを利用すれば、webサイトに動きをつけることができさらにデザインを引き立てます。
ここら辺の技術は年々進化しているのでついていくのに必死です。。。




以上がデザイナーの大まかな仕事です。
1つでも多くのwebサイトが価値のある「伝わるwebサイト」になるよう、
これからもデザインを通じてお手伝いしていきたいと思います。


それでは!

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る