blog
ブログ

今からでも遅くない!Twitterのフォロワーを増やすコツ

こんにちは!マーケティングチームのにいやです。
今日で3月に入りましたね。2月はあっという間に終わったように感じます。
だんだんと暖かくなってきてはいますが、まだ少し肌寒いです。

私は花粉症で先月から目のかゆみとくしゃみが止まりません。
病院に行ってアレルギー対策の薬を使っていますが、処方された点眼薬は目のかゆみが出た時に使っても即効性がなく我慢..。
対策として洗眼薬を使っていますが、目をまるごと洗う爽快感があってスッキリ。目薬で効かなかったらぜひお試しください。

さて、ブログの本題に入ります。
IT業界の情報の流れは早いもの。毎日ルーチンワークの一環として、朝の情報収集は欠かせません。
先日、Twitterを閲覧していたら興味深い記事がリツイートされていました。
それがこちら。

■Twitter
国内月間アクティブユーザー:4,500万人
20代が多い 平均年齢は35歳
■Instagram
国内月間アクティブユーザー:2,900万人
10代と20代で半数以上を占める
■facebook
国内月間アクティブユーザー:2,800万人
登録者数は20代と30代が多い

http://blog.comnico.jp/wp-love-social   2019年2月時点


今流行りの!と聞くことが少なくなってきたTwitter。
しかし、国内月間アクティブユーザーではInstagramとfacebookより多い結果となっていました。
若い人が多いイメージのあるTwitterですが、平均年齢では意外にも35歳。
今では行政機関やタレントなどの有名人、一般の企業のアカウントがありますが、地方ではまだうまく活用されていません。

そこで今回は、Twiiterの壁であるフォロワーを増やすためにやることを紹介したいと思います。
すぐにでも始められますので、参考にしてください。


■アカウントから発信する情報を統一する
ユーザーがアカウントをフォローするとき、有益な情報があるかを見て決めます。
様々なジャンルをツイートしていたら、この情報は興味がないと思われるかもしれません。
ツイートする内容に一貫性をもたせるようにしましょう。

■ツイートをサボらずに適度にする
やはりツイートをしなければ何も始まりません。
文字だけでなく、写真や動画、GIF画像、投票機能でツイートすることもできます。
また、リツイートをして自分のコメントを書き込んだあと拡散するのも有効な手段です。

■ハッシュタグをつける
自分の投稿したツイートにハッシュタグを付け投稿すると、そのツイートにカテゴリーを付与することができます。
これにより、他のユーザーが同じカテゴリーをツイートしているのも見ることができますし、そのカテゴリーを検索しているときに表示されやすくなったりします。


また、おすすめトレンドという機能があり、Twitterでリアルタイムの話題のタグを見ることができます。
こういった盛り上がっているカテゴリーでバズらせると一気にフォロワーが集まるかもしれませんよ!

紹介した内容は当たりまえと思うかもしれません。
しかし、こういった基礎的なところを継続してやっていくことは難しいと思います。
まだまだ人気の衰えないTwitter、今からでもやってみてはいかがでしょうか!

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る