blog
ブログ

一本取られた!ニトリの購買プロセスにおけるマーケティング戦略について。

こんにちは、マーケティングチームのたまが3つのマーケターです。
令和も『たまが3つでたまみ』ブランディング仕掛けていこうと思います。

ニトリさん商品との出会い
最近は気温差もあり暑いときは扇風機をつけて寝る日も増えてきました。
夏はもっと暑いと考えると恐ろしいですね!
なるべく快適に過ごしたいと思い、最近購入したのが、お!ねだん以上で有名なニトリさんの『Nクール』。
触れるとひんやりする接触冷感で暑い夏にはぴったりの寝具ではないでしょうか。

私が「Nクール」を買う過程で見事にニトリさんに囲い込まれた気がしてならなくて、、、
そこで今回私が購入に至るまでの流れを説明しようと思います。

購入までの流れ

5月の中旬頃、私のベッドにまだボアの敷きパッドがついており、朝方はちょうどいい気温でしたが夜は若干暑くなってきた・・・
もう夏がくるなあと考えるとそろそろ寝具も買い換えないとなと考えていました。
ある日の夜8時頃、LINEのトーク通知にニトリさんから「ニトリでお得に夏の暮らし準備をはじめよう」のチラシが!
今まさに気になっていたところにタイムリーな通知が入ってきましたので即効見てしまいました。
ランディング先には「Nクール寝具特集を見る」といったコンテンツが一番上の左端に待ち構えているではありませんか。
今必要かもと感じていた私は特集を読むと「Nクール」ってノーマルなものとこんな違いがあっていいんだ!などの理解が深まり、気づいたらカートに入れてました笑
しかし、カートに入れて「これって本当に買うべきものか」と踏みとどまることありませんか。必要なものだとわかっていても実際に見て見ないと買えないとか・・・
ネットでの口コミや、他社で似たような商品でもっと良いものがないかな~など調べた結果、どうしても手触りなど材質とか気になってしまい、
注文をするのをやめ、実物を確認しに最寄りの店舗に足を運びました。
店頭にはNクール商品とそうでない当社の商品との比較のポップがあったので実際に触って比較するとまあ涼しい!
Nクールには3種類あって①Nクール ②Nクールスーパー ③Nクールダブルスーパーとあり、選べる涼しさとなっております。
私はちなみに①の一番ベーシックなものを選びました。そして枕カバーや掛け布団等にもNクールシリーズがあったので勢いのままにまとめて買っちゃいました。
実際に設置してみるとまあひんやり!真夏時はエアコンなどの冷気ありきで本領を発揮するタイプの商品だろうなと思いました。
けどノーマルなベッドカバーに比べると、寝転んだ時にひやっとするので熱がこもったベッドカバーよりも、
熱気を逃がす役割をもつ材質のものの方が、暑い夏を快適に過ごせると思います。
こうして振り返るとタイミング的にもアプローチされた感と根本的な問題解決をされてしまい私は見事に「Nクール」を購入してしまいました。
調べて見ると、この購入に至るまでのプロセスは購買行動のAISCEASの法則(アイシーズ)に基づいてきちんとはまり込んでいました。
AICEASとは、株式会社電通が提唱する、ウェブを日常的に利用する消費者の購買に関する心理プロセスを表した言葉。
これに今回の私の行動をあてはめてみると・・・




おわりに
いかがでしょうか。日常でよく起こりうる「買っちゃう」行動には実は企業による仕掛けがきちんと仕込まれており、
問題が解決されていくと自然と購入してしまう流れになってしまっている気がしませんか?
最近ではソーシャルメディアの発達により、SIPSという概念も生まれました。
買う買わないにしろ、良いと思ったものは拡散され、共有されることにより情報を得る時代になり、
最近では「言葉」よりも「画像」で情報を獲得することの方が多くなりつつあります。
時代で移り変わる購買プロセスに合ったマーケティングに、今後もはまり込んでいこうと思います!

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る