blog
ブログ

メール設定サポート時の事前確認

インターネットを使っていると、いろいろな横文字が飛び交ってきます。
普通に使っているときはそんなに気にしなくても問題ないのですが、ひとたびトラブルが起こり、問い合わせをしたときに呪文のような名称を聞かされてしまいます。
そこで、今回はトラブルやサポートを受けるときに知っておくと便利な用語を簡単に解説していきます。

一例をあげたいと思います。(メール編)
------------------------------------------------------------------
私)昨日まで問題なかったのに、急にメールが送れないんだけどどうして?
サポート)インターネットは普通に使えていますか?
私)多分使えているんじゃない?
サポート)ホームページは見ることができますか?
私)あぁ、それなら見えてるよ。
サポート)設定内容を確認したいと思いますので、お使いのメールソフトとバージョンを教えてください。
私)使っているのはWindowsです。(MACです。)
サポート)OSではなくどのようなメールソフトでしょうか?
私)ん? OS?メールソフトって???
------------------------------------------------------------------
と言った会話が考えられます。

では、この会話でサポートが何を知りたいのか考えてみましょう。

インターネットは普通に使えていますか?
これは、インターネットの回線に問題があるのか、メール単独の問題なのかを切り分けるための確認になります。
ホームページが普通に見ることが出来ればインターネットが使えているので、質問に対しては「使えている」で問題ありません。

OSとは、パソコンを使うためのもので、WindowsやMac、Linux等がありますが、通常はWindowsかMacが大部分を占めています。

メールのソフトとバージョンとは?
通常使っているものは、マイクロソフトの「アウトルック」が多いと思いますが、他に「Windows10メール」「サンダーバード」「Becky」等があり、それぞれ設定方法が違うため事前に確認をするわけです。
中でも特に注意するものとして、「アウトルック」と「Windows10メール」です。

Windows10のスタートメニューの中のタイル状にある「メール」は「Windows10メール」で無料のものとなります。
それとは別の「アウトルック」は、「すべてのプログラム」や「よく使うアプリ」にあるもので、マイクロソフトオフィスに含まれている有料のメールソフトになります。
特に「アウトルック」には複数のバージョン(種類)があり、設定方法が若干違うため確認をするわけです。

よく使う「アウトルック」の確認方法
Outlook2010,2013では、ファイル→ヘルプで確認ができます。
Outlook2016では、ファイル→Officeアカウントで確認ができます。

ウイルス対策をされている場合も、事前に何を入れているのかを確認されることをお勧めします。

それ以外にも以下のような用語があります。
・メールアドレス
・メールアカウント(メールユーザー名)
・メールパスワード
・POPサーバー
・SMTPサーバー

上記のものはプロバイダーごとに違いますので、問い合わせ時にはお手元に設定資料を準備しているとスムーズに進みます。
設定自体は簡単ですので、用語の意味を知ると設定に自信が持てるのではないかと思います。

毎年、年末年始に向けて、ウィルスメールや迷惑メールが増える傾向にあります。
ご自分のパソコンだけではなく、登録しているメールアドレスの方にも迷惑がかかることも考えられます。
特にインターネットをご利用するパソコンには、ウィルス対策をしたものを使うようにしましょう。

 

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る