blog
ブログ

「仕事探し」が変わる?!Googleに新機能が登場

こんにちは、マーケティングチームの石田です。
今回は、Googleから求人情報に関する新機能の情報が出たので、そのサービスのご紹介と、それによってユーザーの動きが変わるかもというお話。

まだ出たばかりの情報ですが、1月23日にGoogleから「Googleしごと検索」という検索機能追加のリリースがありました。

Googleは検索結果の最適化に取り組んでいる

近年Googleは、ユーザーの検索意図に対して、より適切な情報を、より適切な形式で表示・検索できるように近年機能改善に注力しています。
例えば、「大分 イベント」や「大分のイベント」で検索すると、以下のようにイベント情報が、サイト検索の結果の上に表示されます。

その他にも、私と同じ名字の俳優・タレントである石田純一さんについて、石田純一さんの奥さんを知りたいと考えて、「石田純一 妻」などと検索すると、以下の検索結果のように、イベント情報同様に自然検索の結果上に、画像つきで答えを教えてくれます。
それも歴代の奥さんについて...笑(親切なような、ちょっと複雑な検索結果ですが)

このように、知りたい情報に最短で、かつ分かりやすくたどり着けるように、その時のユーザーの検索意図を考えて、それを汲んだ結果を返すように変化してきています。

「Googleしごと探し」は、求人探しが変わる

そして、今回リリースされたのが「Googleしごと探し」です。
大分でも早速、試してみました。

実際に上記のように「大分 バイト」などで検索すると、実に100件を超える求人情報がヒットしました。
情報元は?というのが疑問点ですが、Googleのリリースに以下のような記載がありました。

ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等から求人情報を探して、検索結果に分かりやすく表示します。

実際、複数の大手求人情報サイトの情報がズラーッと出てきました!

今まではユーザーにも企業にも、使いづらさがあった

今までの仕事探しの場合、大手求人情報サイトで、条件を入力・選択し、絞り込んでいく方法が主流だったと思います。
その他であれば、実際に働きたい会社の採用情報ページを見て、直接応募するなどの流れが一般的でしょう。
自分で直接、働きたい会社が決まっている場合は別ですが、実際にはボンヤリとした中で探すため、求人情報サイトに頼る場合が多く、求人情報サイトも「こっちのサイトには、この求人はあるのに、こっちには無い」というような、求人情報サイトによって掲載企業が異なるなどの問題があって、ユーザー側の使いやすさ問題がありますし、企業側にとっても、すべての求人情報サイトを網羅しようとすると、非常にコストが高くなる問題がありました。

求人の横断検索は、今までもサービスが無かったわけではありませんが、実際、多くの方が日常的に使っている「Google」というプラットフォームという点が今回のポイントだと思います。

これからは検索エンジンに正しく求人情報を渡すことも大切

今回のこのサービスのリリースは、すぐに大きくユーザーの動きを変えることは無いかもしれません。
しかし、検索エンジンの使い方はユーザー毎に多様ですし、こうやって簡単に多くの求人を探せるメリットは非常に大きく、今後この機能を使う方が増えていくのではないかと思います。

前述したように「企業の採用ページ等から求人情報を探して...」とGoogleからも情報が出ているように、企業の求人ページからも情報を取得してくれる流れになっていますが、WEBサイト同様、Googleに正しく求人情報を認識してもらうために、そのためのホームページづくり?対策?も必要となってきました。その方法もGoogleが解説していますが、今回そこまで解説してしまうと、かなりテクニカルな記事になってしまいますので、ご興味のある方はこちらのGoogleの開発者向け資料をご覧ください。

便利になる一方、企業側もこういった対策や手法を理解して、様々な策を打っていかないと、ますます厳しくなっていくと思います。
WEB業界は如何に早く対策しておくかで、未来が全然変わってきます。ぜひ参考にしていただければと思います。

WEBマーケティング業界は常に人手不足。
デジタルバンクもマーケティング職の募集やデザイナー職の募集を行っております。
大分で働きたい方、ぜひデジバンの採用情報もご確認ください。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー

同じカテゴリの記事

ブログ一覧に戻る