blog
ブログ

これであなたの作業も2倍速!Adobe Senseiの凄さをご紹介

こんにちは。デザイナーの渡邊です。
だんだん寒くなり、毎朝服を悩んでいる今日この頃です。

さて、今回はタイトルでも書きました通り、Adobeに触れている方ならおなじみの「Adobe Sensei」の凄さについて書いていこうと思います。 ネーミングからして可愛らしいAdobe Senseiですが、簡単に説明すると、マシーンラーニング(機械学習)を搭載した人工知能(AI)で、Adobeの各製品に搭載されています。
誕生は2016年に開催された「Adobe MAX 2016」でしたが、以前までは「Adobe Magic」として存在していました。
また、Adobe Senseiの名前の由来は、日本語の”先生”からきているそうです!なんと!

そんなAdobe Senseiの凄さがとてもよくわかる機能を紹介します。


Photoshopで画像切り抜きにとっても便利な「被写体を選択」

この機能は昨年開催された「Adobe MAX2017」にて紹介され、2018年1月に実装されました。
最初試したときは驚きました。本当に驚きました!笑
画像の切り抜き作業は多々あり、切り抜き方法も色々とあるのですが、
その度にさっとできる方法はないものかと思っていたところのこれです!
なにそれ?って人は実際に試してみましょう!


今回はこの癒されるハリネズミを切り抜いていきます。


1.メニューから「被写体を選択」をクリック
「被写体を選択」の選択機能はいくつかあります。

・メニュー→選択範囲→被写体を選択

・クイック選択ツール→被写体を選択

「選択とマスク」エリアから被写体を選択を実施することも可能です。
こちらの方が見やすいかも。

 

2.AIが被写体を判断して切り抜きのための選択範囲を作成
選択範囲の微調整が必要な場合は調整します。

で、切り取ったものがこちら!

ちゃんとハリネズミが切り取れました!ワンクリックで!

「被写体を選択」クリックでAdobe Senseiが一番目立っているものを判断し、切り取りたいものを選択してくれます。
写真によっては背景と同化していたり、境目がはっきりしていないとピッタリ選択してくれないことはありますが、それでも結構近いところまで選択してくれるので、あとは微調整でなんとかなります!

AdobeのAI機能は、Photoshopに関して言えば他にも「コンテンツに応じる」や「焦点領域」や「自動補正」などなど、
以前からいくつも存在しています。
どんどん便利な機能が出てきて、使い切れずにいますが…。これらの機能を駆使してスピードアップしていきたいですね。

今月末にある「Adobe MAX 2018」(日本は11月20日!)で、また新しい機能をきっと紹介してくれることを今からわくわくしています!では!

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る