ターゲットを行動に移す
Webプロモーション広告
Web promotional
advertisements
that encourage the
target
audience
to take action.

目的・ゴールが何なのかを明確にしたWebプロモーション広告では
「何を」「誰に」「どのように伝え」「どのくらい売るのか」が非常に重要です。
また、対象ユーザーに「このサイトを見てみよう!」「この内容がどうしても気になる。」と実際に行動に移してもらう必要があります。

対象となるユーザーによりWeb広告メニューは異なります。

インターネット広告には多くの種類があり、掲載面や課金方法など特徴も様々です。
どの広告を利用すれば最大限の効果が得られるのか、「誰に何をどう届けるのか」戦略をたて最適な広告をプランニングすることが成功の鍵になります。

たとえば新車を購入する場合、比較検討のため様々な店舗を訪れ、購入にいたるのが一般的でした。
しかし今は、多くの顧客がネットで比較検討を済ませ、店舗へ購入に行きます。
Web広告は、そのような検討前(潜在層)、検討中(顕在層)、意思決定(明確層)したユーザーを区別し、広告を出稿することで効率よく購買に導きます。

◯ リスティング広告(検索連動型)

GoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果画面に表示されるテキストタイプの広告です。ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が配信されます。課金方法は、1クリックごとのクリック課金です。

GoogleAdWords/Yahooプロモーション広告

◯ ディスプレイ広告

webサイト(ポータルサイトやブログ等)上に掲載される広告で、バナー広告とも呼ばれます。バナー画像をクリックすることで、広告主のサイトへ誘導します。

GoogleAdWords/Yahooプロモーション広告

◯ 動画広告

テレビCMのように映像を使って表現した広告です。動画サイトのほか、webサイトやSNSの広告枠に掲載されます。

YouTube/facebook広告/Instagram広告

◯ SNS広告(ソーシャルメディア広告)

Facebook、Instagram、TwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上に配信する広告です。友人同士の共有により、広告が広がる可能性もあります。

facebook広告/Instagram広告/Twitter広告/LINE@

Web広告はリアルタイムに効果検証、改善が可能

Web広告の大きな特徴は広告を掲載したのち、「誰が、どのくらい、どうやって見たのか」をリアルタイムに分析・検証し、改善できること。施策の効果検証・改善を繰り返し行うことで、無駄な広告費を減らし、スタート地点より費用対効果の高い広告を配信できる可能性があります。