blog
ブログ

\夏休み/ センス溢れる地元「耶馬溪」をご紹介

こんにちは!
夏休み真っ只中の角谷です。

今回は、デザイナーの夏休みと題して
センス溢れる私の地元、大分県中津市にある「耶馬溪町」をディープにご紹介したいと思います。

耶馬溪町とは
耶馬渓(やばけい)は、大分県中津市にある山国川の上・中流域及びその支流域を中心とした渓谷。日本三大奇勝として知られ、日本新三景に選定され、名勝に指定されている。
参照元:wikipedia

まずはここ。

カッパがいるよ。パワースポット「雲八幡宮」

1300年以上の歴史を持つ由緒ある神社「雲八幡宮」
雲八幡宮では、毎年7月29日に「かっぱ祭り」と呼ばれる奇祭があり、
河の神「河童」を鎮める伝統芸能が300年以上にわたって奉納されています。

そのため境内のいたるところに河童がいます。

狛犬ではなく狛カッパ

相撲を取るカッパとそれを見るカッパ

手水舎にもカッパ

 

どれも表情豊か!
神社の厳かな雰囲気の中にカッパがいて、気さくといいますか、
ほっこりするといいますか、いい意味でゆるい。
ここに来ると時間がゆっくり流れる感じがまた心地よいです。

そしてここには御神木の千年杉があります。
数年前に1本の千年杉が台風で折れてしまい伐採されましたが、新しくパワースポットになって復活しました。

千年杉のパワースポット

中に入ると案内が

 

健康長寿・子宝・安産などに御利益があるそうです。

店員とお客さんの垣根をこえる「ふれあいの店」



地産地消・新鮮・安心・安全、産直にこだわる下郷農協の直売店、ふれあいの店。
生鮮食品から雑貨・洋服まで品揃え抜群です。

小学生の頃、このお店でコンバースのバッシュッを普段履き用に買ってもらったな。3000円くらいで。

ここに行くと99%の確率で知り合いに会い、その名の通り、地元の方のふれあいの場として賑わっています。
手書きの看板のフォントとか色落ちしたビンテージ感がたまりませんね。

下郷農協といえば牛乳、カフェオーレ、プリン、有精卵スープ、おからクッキーなど美味しいものを挙げればきりがないですが、
中でも私が今一番好きな商品がこちら。



割と最近発売されたばかりの、下郷農協の飲むヨーグルト!!
すっきりとしたヨーグルトの爽やかさに和三盆の優しい甘さがマジうまい。
毎日集乳した耶馬溪牛乳100%だそうです。
パッケージも牧場しぼり感あってかわいいです。
お風呂上がりに飲みたい一本!

ふれあいの店に行けばゲットできますが、HPからも購入できるようです。
(宣伝ではありません)
http://shop.simogonokyou.or.jp/
HPも下郷農協の素朴な雰囲気が出ていてかわいいです。

行列のできる店!耶馬溪のソウルフード「からあげ屋おきな」



大分といえば、とり天
宇佐といえば、宇佐からあげ
中津といえば、中津からあげ
耶馬溪といえば、おきなのからあげ

と、固有名詞で示してもいいくらい外せない場所が「からあげ屋おきな」です。
家庭行事や人が集まる時には大抵食卓に並んでいます。

中学生の頃、下校時にここで買い食いするとなぜか先生にバレていて次の日呼び出しになってました。不思議。

撮影に行ったこの日、お盆休みの初日ということもあり、5〜6人の行列ができていました。何年も会っていなかった同級生にもバッタリ会いました。

このお店のいいところは、注文時にあります。
他店のからあげ専門店は各部位をgで注文しなければなりませんが、
ここのメニューはからあげと砂ズリの2点のみ。
「からあげ1000円がん(分)ちょうだい!」
でまとめて購入することができます。しかも揚げ待ち時間もほぼありません。ストレスフリー。

・注文はシンプル
・行列でも待ち時間は少ない
・クオリティ高い味
・買って帰ればみんなが笑顔になる

からあげを求めて買いに来たユーザーにとって、UX(ユーザーエクスペリエンス)の観点から見ると、
からあげ屋の中で1番すごい店なのではなかろうかと最近思い始めています。



ビールにからあげ!
いえあ〜〜!さいこーーー!

からあげ(100g180円だったかと)
串は砂ずり(1本100円)

インスタ映え「耶馬溪ダム記念公園 溪石園(けいせきえん)」



耶馬溪ダムの完成記念に造られた広さ2万平方メートルの日本庭園です。
夏のこの時期は深緑、秋になると真っ赤な紅葉、冬は雪景色、春は桜と四季折々の姿を楽しめます。

池には鯉がいたり、滝があったり。なんとも風流な。いい〜仕事してますね。
隅々まで手入れが行き届いていてどこを撮ってもインスタ映え間違いなし。
それでいて入場料無料だなんて信じられません。

絶品!山国川天然アユ!

ちなみに今日は8/11です。
8/11といえば近年制定された山の日という祝日ですが、私の地元の一部界隈では「川の日」として有名です。
なぜなら、毎年8/11は地元の鮎漁解禁日だから。
かくいう私もA級ライセンスを持つ川漁師の子。この日を待ちわびていました。
デザイナー歴より川漁師歴の方がはるかに長く、夏はまさに鵜飼の鵜、海女さんならぬ川女(かま)さんとして川を泳いで回ります。
今日は昼から夜まで、ほぼ川にいたような。

そしてこちらが今年の初モノ!

素晴らしい〜
シルバーに輝く魚体。
背中からお腹にかけてのグラデーション。
尖ったあたま。
エラの後ろの黄斑、ヒレの黄色。
体長なんと27cm

この自然美。美しすぎる。

他にも紹介したい場所はまだまだたくさんありますが、
地元に帰ると自然ってすごいなあと改めて感じます。

デザイン等で悩んだ時は地元に帰り、自然に還る。
耶馬溪は創造力の源なのかもしれません。笑

是非、耶馬溪観光にお越しください。

今回ご紹介した場所はこちら

以上、
デザイナー角谷の休日でした。笑

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る