blog
ブログ

Windows7からWindows10へのアップグレード

こんにちは、カスタマーサポートまつおです。
3連休最終日『ぷよぷよ eスポーツ』大分県予選を見に行きました。
優勝者は2019年10月に開催される「いきいき茨城ゆめ国体」の県代表、ショッピングモール内で行われたこともあって、盛り上がっていました。

さてWindowsをご利用の皆様、どのWindowsを使っているでしょうか。
下記の計測では、Windows7:31%、Windows10:58% となり、Windows10へのアップグレードやパソコンのリプレースが行われていることがわかります。

Source: StatCounter Global Stats - Windows Version Market Share

Windows7は半年後、2020年1月14日でサポートが終了するため、今のうちにWindows10にアップグレードした方が良いでしょう。
今回は、最近増えてきたWindows10へのアップグレード作業の際に注意する点を書きたいと思います。

1.利用している機種がWindows10に対応しているか。
Windows 10 インストールのシステム要件は下記となっています。

プロセッサ  1 ギガヘルツ (Ghz)以上のプロセッサ
メモリ 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ハードディスクの空き領域 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 32 GB
グラフィックス カード DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ 800x600


PCの構成が上記条件を満たしているか確認するか、各メーカーのサイトからWindows10に対応しているか確認してください。

■東芝 こちら
 ※Windows10アップデート情報として、Windows10のアップデートに対する対応情報が記載されています。
 該当機種の場合は、Windows10にアップグレードはできるが、最新版にアップデート出来ない場合があるので注意してください。
 http://askpc.panasonic.co.jp/win10/
 http://dynabook.com/assistpc/osup/win10v1903/index_j.htm

■パナソニック こちら
 ※Windows10アップデート情報として、Windows10のアップデートに対する対応情報が記載されています。
 該当機種の場合は、Windows10にアップグレードはできるが、最新版にアップデート出来ない場合があるので注意してください。
 http://askpc.panasonic.co.jp/win10/

■富士通 こちら
 ※Windows10アップデート情報として、Windows10のアップデートに対する対応情報が記載されています。
 該当機種の場合は、Windows10にアップグレードはできるが、最新版にアップデート出来ない場合があるので注意してください。
 https://azby.fmworld.net/support/win/10/

■DELL こちら

■NEC こちら
 ※Windows10アップデート情報として、Windows10のアップデートに対する対応情報が記載されています。
 該当機種の場合は、Windows10にアップグレードはできるが、最新版にアップデート出来ない場合があるので注意してください。
 http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/ENTP/h/?tab=SUP_Z_WIN10UPDATE06

2.無償アップグレードが可能か
 無償アップグレード期間内(2016年7月29日19:00以前)に、Windows10にアップグレードしたことがある場合は、無償アップグレードが可能です。
アップグレードするための Windows 10 は以下のページで入手できます。
Windows 10 のダウンロード(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

3.Windows7を起動した上で、USBメモリ等からアップグレードする場合
 USBデバイスまたは SD カードが接続されているコンピューター上でWindows 10へのアップグレードを行うと、「この PC は Windows 10 にアップグレードできません」というエラーが表示され、アップグレードが行えません。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4500988/windows-update-hold-for-windows-10
上記ページの回避策にあるように、デスクトップ等にファイルをコピーしてアップグレードを行うか、USB等から起動してアップグレードする必要があります。

4.バックアップを必ず行う
 Windows10へのアップグレードに限らずバックアップは必要ですが、OSのアップグレードは失敗した場合OSが起動ができない、アプリケーションが使えない、データも取り出せないとすべてのことができなくなります。
 HDDを利用されている場合は、フルバックアップもかねてSSDへの換装を行い、SSDを使ってWindows10へのアップグレードを行えば万一の場合も安心です。

5.ログインに指紋認証などを利用している場合は、普通のログイン形式に戻しておく
 アップグレード時、ドライバがないなどの理由で利用できなくなる恐れがあります。

Windows10のアップグレートで問題が発生した場合、対応する期間も必要ななので今のうちにアップグレートしてはいかがでしょうか。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る