blog
ブログ

Windows7からWindows10へのアップグレード その2

こんにちは、カスタマーサポートまつおです。
前回のブログでは、Windows7のサポート終了とWindows10へのアップグレードについて書きました。

今回は実際に行ったWindows10へのアップグレード開始までの流れと、開始後のエラーについて書きたいと思います。

Windows10へのアップグレード、以下の条件で行います。

〇メモリ・CPU等の条件は満たしている。
 条件などは前回の記事を確認してください。
〇Windows7からWindows10へのアップグレード
〇SSDへの換装を同時に行う

■必要な機器の準備
1. インストール用のDVDか、8G以上のUSBメモリを準備します。
  ※今回はUSBメモリを使用します。
2. SSDの準備

■Windows10アップグレード用ファイル入手し、USBへの書き込みを行います。
1. 以下のページを開きます
  https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

2. Windows 10 のダウンロードページにある「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

3. 画面の下部にメッセージが表示されますので、「実行」をクリックします。
  保存した場合は、ダウンロードしたフォルダを開いて実行してください。

4. 「適用される通知とライセンス条項」の画面が表示されたら内容を確認し、「同意する」をクリックします。

5. 「準備ができるまで少しお待ちください」と表示されまます。

6. 「別の PC のインストール メディアを作成する」 のチェックをオンにして、「次へ」をクリックします。

7. 言語、エディション 、アーキテクチャ を指定します。
   現在作業している機種と別の機種で使用する場合は、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外します。
   言語は[日本語]、エディションは[Windows10]を選択します。
   アーキテクチャは、[両方]を選択します。
   「次へ」をクリックします。

8. 「準備ができるまで少しお待ちください」と表示されまます。

9. 「使用するメディアを選んでください」と表示されます。
   作成したいメディアの種類を選択し、[次へ] をクリックします。

   USBメモリを選択する場合は、USB メモリを接続してください。
   ※USBメモリにデータが入っている場合は、作成によってデータが消えますのでご注意ください。

10. 「USBフラッシュドライブの準備ができました」 と表示されればUSBの作成は完了です。

11. 作成したUSBをいったん取り外してください

■SSDへの換装準備

 SSDへの換装は、「AOMEI Backupper Standard」や「EaseUS Todo Backup」など無料で利用可能なものがありますので、それらを利用します。
 AOMEI Backupper Standard
 https://www.aomei.jp/backup-software/ab-standard.html

 EaseUS Todo Backup
 https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

 SSDへの換装手順は割愛します。
 ノートパソコンなどで、現在のハードディスクと、換装する予定のSSDが同時に接続できない場合は、下記のような製品を利用して接続しコピーしてください。
 http://www.century.co.jp/products/crosu31c.html


■Windows10へのアップグレード
1. Windows7を起動し、デスクトップに適当な名前のフォルダを作ります。

2. 先ほど作ったWindows10の入ったUSBメモリを接続します。

3. Windows10の入ったUSBメモリをエクスプローラーで開き、全てのファイルを、1.で作ったフォルダにコピーします。

4. Windows10の入ったUSBメモリを取り外します。

5. 1.で作ったフォルダを開き「setup」を実行します。

6. アップグレードが始まります。

7. その後は画面に従って進めてください。
  インストールが開始されると、Windows 10がインストールされるまで、複数回再起動を繰り返しながら進みます。
  時間の目安は、平均1時間程度ですが、PCの状況や通信環境によって2時間以上となる場合もあります。

■Windows10へのアップグレード中にエラーが発生すると、0x から始まるエラーコードが表示されます。
 マイクロソフトに、エラーコードの原因と対処方法があるので確認してください。
 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10587/windows-10-get-help-with-upgrade-installation-errors

 そのほか、よくあるエラーについて
1. 容量の大きいハードディスクから、容量の小さいSSDにコピーしたWindows7の場合
  一度目の再起動の後エラーとなり、自動的にWindows7に戻る場合があります。
  コピーソフトでハードディスクからSSDにコピーする際、各パーティションのサイズを自動調整にすると、コピー先のSSDの容量に合わせて各パーティションが縮小されます。
  その結果、起動用の領域などがWindoows10に必要な容量に足りなくなる場合があります。

  「EaseUS Todo Backup」など無料で利用可能なパーティション管理ソフトを利用してサイズを大きくしてください。
  https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html
  どのパーティションを大きくしていいかわからない場合は、まずCドライブを小さくし、その後空いた領域を利用してCドライブ以外を大きくしてください。

2. BIOSのバージョンが古い
  古いPCの場合、BIOSのバージョンを行わないとアップグレードに失敗する場合があります。


古い機種や、長く使用している機種ほどアップグレードに失敗する可能性が高くなります。
アップグレードに失敗して、原因も不明な場合など、場合によってはクリンインストールすることをお勧めします。
アップグレードに比べて早くなる場合があります。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る