blog
ブログ

5つのステップで解説!ホームページ制作の流れ

こんにちは。プランナーの松本です。
一ヶ月ほど前に高校時代の同窓会に参加しました。私は今32歳なので、約14年ぶりに会う人も多く、その変化にビックリ。
あんなにイケメンでモテてた奴が見る影もないほど太っていたり、逆にものすごく地味だった奴がものすごく派手にチャラくなっていたり、お金持ちになっていたり、子供が6人もいたり、外国に住んでいたり、3回結婚していたり…
時間ってすごいなー。いろんな価値観や人生があるなー。と感心させられました。笑

そんな中、県外で建築関係の会社に勤めている友人から、ホームページ制作についての質問がありました。
それは、ざっくりまとめるとこんな内容。
・会社でホームページを作り直すことになって、担当者にされてしまった。
・作り直すからには、絶対に売り上げを上げろと言われているがホームページの知識はさっぱり
・効果の出るホームページを作るために、何から始めたらいいかわからない。

と、言うわけで今回は、失敗しない為のホームページ制作の流れをご説明します。


ホームページ制作の担当者は何をするべきか

担当者としての一番の役割はディレクションじゃないかなと私は思います。
ディレクションとは、どの段階で何が決まっていて、どう進行していくべきかといったことを把握し、管理することです。
そのためには、ホームページ制作の大まかな流れについて、理解しておく必要がありますが、その流れは次の5ステップで表せます。

調査要件定義設計制作⑤運用

Web制作会社と協力し、この流れをしっかり守って進行いくことがとても重要です。
これから、一つずつ解説していきます。

 


① 現状調査 : 課題を浮き彫りにする

社内や制作会社の間で「何が課題なのか」を共通認識として持つ為の重要なステップです。
自社のビジネスや商流、ターゲットとなるユーザー、競合他社の商品やサイトを調査し、社内と制作会社とで細かく共有します。
すでに存在するサイトをリニューアルする場合は、アクセス解析のデータや日頃のお問い合わせ内容なども調査していきます。

 

 ② 要件定義 : 解決法の吟味、目標設定

事前調査で明らかにした課題をどう解決していくかを考え、新しいホームページで具体的に何を達成するのかを決めるステップです。
現状調査やターゲット設定が行われた上で、根拠のある目標設定がされていれば、制作段階に入った際に社内で意見のズレや、他部署からの横槍が入った際でも、正しい方向を見失うことがありません。

 

③ 設計 : サイト構成や動作、機能を考える

目標を達成するために、どのような設計を行うのかを決めるステップです。
制作会社が設計し、サイトマップやワイヤーフレームなどの資料をもとに、あるべき姿を検討します。
ターゲットとなるユーザーにどのような体験を提供するのか、そのためにはどのような構成やレイアウトであるべきか、といったサイト全体の要素を決めた上で、ページ個別の内容や各機能の動作といった詳細設計や、評価の指標、リリース後の運用体制などの設計も行います。

 

④ 制作 : 実際に形にしていく


これまでに設計した狙いや意図がデザインに反映されているかを一つ一つと確認するステップと言えます。
「なんとなく気に入らない」といった感覚的な意見で不本意な手戻りが発生しないよう、社内で目標や意図を再確認することも重要です。
デザインが確定次第、実際にサイトを閲覧できるようにするためのコーディング作業やシステム開発などに進んでいきます。

 

⑤ 運用 : PDCAの始まり


完成したサイトをユーザーに公開し、日々運用を行うステップ
です。
まずは、社内の担当メンバーがサイトに実装された機能を使いこなし、更新作業を滞りなく行えるようになることを目指します。
サイトは「作って終わり」ではなく、むしろ作った後の運用が最も重要です。
持続的に効果を出し続けていくためには、アクセス解析等を用いて、設定した目標が当初の意図通りに達成されているかを定期的に評価し、新しい課題に対応していく作業、いわゆるPDCAが絶対に必要です。
担当者の真価は、サイトの制作「後」に問われます。運用とは自社サイトがもたらすビジネスの成果を検証し、それを最大化させる最も重要なステップとも言えるでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「ホームページ制作」と聞くと、④の制作部分(デザインやコーディング)のイメージが強いですが、実はその前後にある調査や目標設定、設計、運用などのステップも非常に重要であり、「効果の出るホームページ」を実現する上で非常に大きなウェイトを占めています。

今回ご説明したホームページ制作の流れは、あくまで概念的なものなので、細かいタスクまでカバーはしていませんが、ホームページ制作の担当者になったばかりで途方に暮れている方や、効果がでなくて困っている方は、ここで解説した全体の流れを各ステップでやることを踏まえてざっくりと把握するだけで、心強さが格段に違うと思います。

実際に行うと、思った以上に大変な作業ですが、最初に土台作りをサボってしまうと、後からどう頑張ってもなかなか上手くいきません。
とはいえ、一人では絶対にできないので、社内の協力や、ノウハウをもった信頼できる制作会社選びも非常に重要です。

このブログを読んでいただいた担当者の方のホームページ制作が上手くいくことを心より願っています。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る