blog
ブログ

2020年を振り返る

こんにちは、カスタマーサポートまつおです。
2020年もあっという間に終わろうとしています。
オリンピックイヤーとして始まった今年も、新型コロナウイルスのために全く予想のつかない出来事ばかりの1年となりました。
2020年を振り返って、個人的に流行った、記憶に残ったものを紹介したいと思います。
なお、紹介する順番は、ランキングではありません。

1. zoom
 新型コロナウイルスのために、対面授業や商談がオンラインに移行し、自社内の会議もテレワークによってオンライン化する中、専用アプリやアカウントが無くても、URLさえクリックすれば利用可能なzoomが急速に普及しました。
 Skypeやハングアウトを使っていた会議もzoomばかりとなりました。
 また、教育やビジネスだけでなく、プライベートでもzoomを使った“リモート飲み会”というこれまでにない繋がり方も出てきましたが、これにはまだ慣れません

2. docomo、5Gも利用できる月20GB/2980円の新プラン「ahamo」発表
 5Gのことを書こうと思っていたら、docomoから格安プランの発表がありました。
 docomoに5000円近く払っていて、ちょうど今月、乗り換えを予定していました。
 提供は来年3月からですが、20G使えてこの価格なので、乗り換えはやめてサービス開始待ちにしました。
 すでに選考エントリーキャンペーンが開始されていて、dポイント3,000ポイントがプレゼントされるようです。
 https://www.ahamobile.jp/#campaign

3. 大分空港がアジア初の宇宙港に選ばれる
 大分空港を水平型宇宙港として活用し、最速で2022年の人工衛星打上げを目指すそうです。
 打ち上げはボーイング747-400を改修した機体にロケットを装着し、太平洋上などで発射し打ち上げるようです。
 打ち上げの頻度はわかりませんが、打上げが始まったら、ぜひ見ようと思います。

4. AdobeFlashの終了
 2000年はじめ、AdobeFlashがMacromediaFlashとだった時代、簡単な操作で動きのあるコンテンツが作れ、ファイルサイズも小さいFLASHは、20,000円~程度の価格だったこともあり、企業での理由以外におもしろアニメーションが作れるといった理由から一気に普及しました。
 なぜかコーポーレートサイトのトップページにFLASHを配置することが流行ったこともあり、サイトのオープニングやBGMとして使用したり、最終的にサイト全体をフラッシュで作る事もありました。
 サイト向けだけでなく、Windowsのスクリーンセーバを書き出すいったとも可能でした。
 そんなFlashも、HTML5の普及、セキュリティホールの指摘、ブラウザの方針他もろもろにより2020年でサポートを終了します。
 当時はすごかったFlash
  https://youtu.be/hOUw2tF7agM
 macromediaは2005年にadobeに買収されましたが、今でもwww.macromedia.comを開くと、adobeにリダイレクトされます。
  http://www.macromedia.com/

5. アップルの独自チップ「M1」を搭載した新型「MacBook Air」が発売
 モトローラ、モトローラ+IBM、インテルと利用するCPUを変えてきたMacintoshがARM系のCPUを採用したMacBookを発売しました。
 MacBookというよりM1チップへの興味の方が強いんですが、発売される少し前に「MacBook Air」を注文してしまい、Web上での比較を見て新しいMacBook Airがうらやましくなってます。

そのほかPS5の発売や自動運転などがあります。2021年はまた新しい技術や出来事があるはずなので楽しみにしています。

自社のサービスや商品をより売り上げアップさせたい方へネット集客を学ぶ無料メルマガ配信中自社のサービスや商品をより売り上げアップさせたい方へネット集客を学ぶ無料メルマガ配信中

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る