blog
ブログ

2018 おすすめのウェブ・マーケティング関連資格

知識や技術を向上させるため、実務の経験を積み重ねていくことは非常に重要ですが、
資格取得や検定に挑戦することもスキルアップの手段のひとつとして有効です。
今回は、数ある資格の中から、ウェブ・マーケティング分野と関連性が高いと思われる資格をピックアップしてご紹介します。

■ウェブ解析士

ウェブ解析士は、一般社団法人ウェブ解析士協会が主催する資格で、これまで25,000名超が受講した実績があります。
アクセス解析の知識だけでなく、事業の成果につなげることを目的とした実務に活かせるスキルまで身につけることができ、
目的別に、以下の3つの資格で構成されています。

・ウェブ解析士
・上級ウェブ解析士
・ウェブ解析士マスター

会員間のコミュニティも充実していて、資格取得後も定期的な勉強会や、個別の相談なども活発に行われています。
受験日程は、ウェブ解析士協会の試験スケジュールによりますが、「ウェブ解析士」はオンラインでの受験も可能となっています。

ウェブ解析に関する基礎知識を習得する「ウェブ解析士」から、教育研修のためのスキルと知識を習得する「ウェブ解析士マスター」まで、段階的にスキルアップが図れ、実務に応用できるのが魅力です。

URL:https://www.waca.associates/jp/

■IMA(Internet Marketing Analyst)検定


クラウドマネージメント協会が主催する検定で、ネットマーケティング全般における実務レベルをあげることができる資格制度です。
eラーニング講義から受検までの全過程をオンランで行うことができます。
検定は2コースあり、以下の習得目標があります。

・Standardコース
サイト分析とリスティング広告の実践運用スキルを身につける

・Professionalコース
ターゲット別の集客プランの立案とスプリットラン実施ノウハウを身につける

過去問から現時点のスキルチェックも可能
http://ima-kentei.jp/skillcheck/

検定合格者の就職希望者を対象に、就職サポートを行っているのも心強いですね。
これからウェブ関連業界への就職を検討している方をはじめ、
入社時のスキルアップにおすすめの検定です。

URL:http://ima-kentei.jp/

■ネットマーケティング検定


サーティファイが主催する、ビジネスの企画・立案に活かせるマーケティングサイドの検定です。
試験の内容も、インターネット・マーケティングに関連する内容に特化しており、マーケティングスキルを向上させたい方におすすめです。
試験会場は主要都市での開催となっており、オンラインで試験は行っていないようですが、
企業・団体の方向けの「団体受検」があり、試験会場をそれぞれの施設で行うことができるなどの優遇制度があります。
社員全体のスキルアップとして、企業・団体で取り組んでいきたい場合は利用されてみてはいかがでしょうか。

URL:https://www.sikaku.gr.jp/nm/


■Web検定


Web検定は、目的や職種に応じて、4つの資格で構成されているのが特徴的です。

・Webリテラシー試験
・Webデザイナー試験
・Webディレクター試験
・Webプロデューサー試験

職種に応じて細かく分類されていることから、試験内容もそれぞれにおける専門性が高いことが想定されます。
その道を極めたいと考えている方には最適な試験ではないでしょうか。
Web検定の試験は、月曜日から日曜日まで毎日、全国に約200会場あるJ-Testingテストセンターで行われているので、
オンラインがなくても、気軽に挑戦することができます。

URL:https://webken.jp/


他にも様々な資格がありますが、今の自分が置かれている状況やスキルレベル、目標を見つめ直すことで、最適な資格がきっと見つかるはずです。
実務経験の積み重ねと合わせて、よいタイミングでチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る