blog
ブログ

新規顧客を獲得するには?認知から購入までの基本の流れ
新規顧客を獲得するには?認知から購入までの基本の流れ

こんにちは。デザイナーの木崎です。今回は、「新規顧客を獲得するには?認知から購入までの基本の流れ」について、紹介しようと思います。

この記事を読むことで、

・顧客が購入するまでのステップが分かる

・顧客が購入するまでの心理状況が知れる

・顧客の構造が学べる

内容になっています。

※なお、この記事は、「何かしらのサービス・商品をお持ちの方」「Web集客をご検討の方、興味関心がある方」を想定して、執筆しています。

 

 

 

購入への第一歩は、まず商品を知ってもらうこと(購入までの流れ)

購入までの流れ

顧客が商品・サービスを購入するまでの流れは、ざっくり上の図のように、①知る(認知獲得)→②興味・関心を持つ→③他の商品と比較検討→④消費者が行動し、商品を購入という心理的な変化の段階があります。

詳しく説明すると、顧客が何かしらの商品を購入するまでには、段階があり、というステップが存在します。

▼顧客目線の購入までのステップ

STEP01  商品の存在を知る

STEP02  商品への興味関心が高まる

STEP03  ネットで商品のことを調べたり、他の商品と比較し、商品購入を検討する

STEP04  購入意欲が高まり、何かしらのきっかけで買うという行動を起こす

この流れのポイントは、何かしらの商品を買ってもらうには、まず、商品の存在を知ってもらうことが必須ということです。商品を知らない人には、永遠と商品を買ってもらえませんので、その前提を踏まえ、将来の顧客と積極的に接点を作っていく必要があります。

 

どこの顧客を狙うのかを決める(顧客を5つに分類)

マーケティングファネル

では次に、この流れを顧客像に当てはめたものを紹介します。

顧客は、「自社商品を知っているか?」「購入意欲の度合い」「購入回数」などの状態によって、「①潜在顧客」「②顕在顧客」「③見込み顧客」「④新規顧客」「⑤リピーター(ファン)」の5つに顧客を分類でき、上から下に顧客が移動していくと、より購入意欲が高くなり、より多くの人に商品を買ってもらうえるようになります。

実際には、それぞれの層に何人いるかなどの数値を当てはめいくと、自社の集客での課題が分かり、狙うべき顧客像をわかってきます。では、5つ紹介します(名前は覚える必要はありません)。

 

①潜在顧客

自社の商品・サービスを将来購入する可能性はあるが、商品の存在を知らない。また、購入したことがない人のこと。

②顕在顧客

商品を知っているが、興味・関心があまりなく、購入意欲が低い人。名前を知っている程度で、同一商品を購入するにしても、まだ候補には上がらない情報。購入する可能性は、まだ低い。

③見込み顧客

商品を知っており、興味・関心、購入意欲が高い人。自発的に商品をネットで調べていたり、他社との比較検討などをしている状態。

④新規顧客

初めて商品を購入した人。

⑤リピーター(ファン)

商品を出せば、購入してくれる状態の人。すでに何度も商品を買ってくれており、あなたの商品・サービスのファンである状態。

 

この図のポイントは、より多くの人に商品を購入してもらうには、逆三角形の上から下に移動していくよう、顧客にアプローチをし、顧客を育てていく必要があるということです。そして、最終的には、顧客との関係性を築き、自社の商品を繰り返し、購入してくれる関係性の「リピーター」が増えると、自ずと、LTVも高くなります。

 

 

顧客の心理状況にあわせた訴求・Web施策をする

顧客に合わせたマーケティング施策

上記の通り、一概に、顧客といえど、その購入意欲・心理状況は様々で、「どんな訴求が心に刺さるか」「どんなメディアなら受け取ってもらえるのか」「どんなアプローチなら、熱量が高まるのか」は、顧客のフェーズによって、全く異なります。ですので、しっかり新規顧客の獲得をするためにも、是非一度、商品・サービスをお持ちの方は、実際の数値で当てはめてみてください。最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

弊社では、Webでの集客、HP制作などを専門に行なっています。もし、「Webで、新規顧客の獲得をしたい」「SNSマーケティング・広告を運用してみたい」など、ご希望の方は、こちらのフォームより、お問い合わせをお願いいたします。皆様のご連絡、心よりお待ちしております。

 

自社のサービスや商品をより売り上げアップさせたい方へネット集客を学ぶ無料メルマガ配信中自社のサービスや商品をより売り上げアップさせたい方へネット集客を学ぶ無料メルマガ配信中

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー

過去のブログ

ブログ一覧に戻る