blog
ブログ

マーケティング活動の自動化・効率化ツール「MA」とは

見込み顧客のフォローにおいて、時代やインターネットの普及に伴い、
従来の営業人員を中心としたマーケティング活動だけでは限界があるケースが増えてきています。
 
「新規の商談が少なくなった。」
「商談につながる適切なタイミングで見込み顧客にアプローチしたい。」
などのお悩みはありませんでしょうか?
 
そのような問題を解決してくれるのが、「マーケティングオートメーション(MA)」です。
マーケティングオートメーション(MA)は、従来、人員が行っていたマーケティング活動を自動化、効率化するために開発されたツールのことです。
類似したツールで、「セールスフォースオートメーション(SFA)」「カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)」などがありますが、マーケティングオートメーションは、見込み客の獲得と育成に特化したツールと言われています。
 
 
膨大な顧客リストがあるのに、すぐに商談に結びつかないなどの理由で、手付かずのままになっていたり、
商品説明会やセミナー参加者の名刺が保管されたまま放置されている。など、
それらに心当たりのある方は、マーケーティングオートーメーションの導入をご検討いただく価値があるかと思います。
 
 
マーケティングオートメーションを活用することで、
例えば、以下のようなことが可能になります。
・自社のサイトに訪問したユーザーの企業名がわかる
・特定ユーザーの興味関心の高いページがわかる
・送信した商品紹介のメールを開封した人がわかる
 
結果として、見込み顧客の現在の状態が可視化され、
適切なタイミングで、見込み度の高い顧客に、最適なアプローチを行うことができるようになり、
成約率の高い商談に結びつけることができます。
 
 
現在では国内も含めて複数のベンダーから、マーケティングオートメーションツールが提供されています。
Hubspotやマルケトなどは聞かれたことのある方も多いのではないでしょうか。
 
それぞれ共通する機能もありますが、価格や機能には各社特徴があります。
高機能なツールは確かに魅力的ですが、実際の稼働までに時間がかかったり、コストの問題が発生したりで、
導入のハードルが高かったりします。
せっかく時間をかけて準備したにもかかわらず、結果的に活用できなければ宝のもちぐされとなるため、
ツールの選択は慎重に検討したいところです。
 
デジタルバンクでオススメしているMAツールもありますので、
興味のある方、導入をご検討されている方はお気軽にご相談ください。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る