blog
ブログ

ユーザーを逃さない「404ページの作り方」

こんにちは、マーケティングチームの石田です。

前回はアクセス解析のお話をさせていただきましたが、
今回は意外と奥深く、かなりマニアックな領域である「404ページ」についてクローズアップしてみたいと思います。


そもそも404ページって何?

404ページをご存知でない方も多いのではないかと思いますが、
404ページとは、ホームページにアクセスした際にリンク切れなどで、アクセスした際にページが存在しない場合に表示されるエラーページのことです。
「404」とか「ページが見つかりません」とか「PAGE NOT FOUND」とか表示されるだけのことが多いです。

404ページは、意外と重要

個人的に404ページには2つの役割があると考えています。

・ページが見つからないことをユーザーに認識してもらう
・次にどんなアクションをとった方が良いのか誘導するコンテンツ

1つ目の「ページが存在しないことをユーザーに認識してもらう」という点ですが、書いたとおりです。
「あなたがアクセスしたページは何らかの理由で表示できない」もしくは「そもそも存在していないこと」を認識してもらわなければなりません。
404というエラーコードを表示するだけでも、役割は果たせますが、もっと親切にユーザーのことを考えるのであれば、
・ページが存在しないこと
・考えられる理由
については、最低限表記してあげることが親切でしょう。

そして2つ目の「次にどんなアクションをとった方が良いのか誘導するコンテンツ」についてです。
この役割が忘れられやすいポイントかなと思います。
ユーザーは最初から404ページを目的に訪れている可能性はかなり低く、本来何らかのコンテンツを見ようとしてアクセスしたのに
404ページが表示された状況に置かれていると推測されます。
ということは、つまり、ユーザーは目の前の状況に立ち止まっている状況というわけです。

そこで我々がしてあげるべきことは、「次の行動のアドバイスをしてあげること」「次の行動へのアクションデバイスを用意してあげること」だと思うのです。

例えば、もしかしたらURLの打ち間違いで404ページが表示されているかもしれません。
さらに、該当の記事やコンテンツは何らかの理由で削除されていても、似たコンテンツがあるかもしれません。
それであれば、サイト内を探せば目的の情報が本当は存在するのかもしれません。

その情報まで適切に誘導してあげられれば、ユーザーはサイトを離れずに、自サイトを回遊してくれるかもしれません。
そういった意味で、この「次の行動」を意識した設計を404ページに施すだけで、ユーザーの動きは変わる可能性があるのです。

参考になりそうな404ページ

上記の点を踏まえて、参考になりそうな有名404ページをご紹介したいと思います。
大手企業などになると、404ページをブランディングの1要素として捉えている事例も見受けられます。

ユーザービリシティ設計をしっかり考えている事例

本田技研工業株式会社(https://www.honda.co.jp/404/)

一つ一つのパーツをみてみると、ユーザーへの気遣いがいろいろと感じられます。
例えば、URLに大文字が含まれている場合があるので、その注意を載せたり、ミニサイトマップを一緒に掲載することで、ユーザー誘導を行っています。
またどこまでユーザーが協力してくれるか難しい点もありますが、404ページ内に、エラーが出ているページの報告フォームを用意しています。
(アクセス解析などで404ページの解析などをすることで、ユーザーが報告しなくても取得も可能なので、代替はできるかと思います)

 

BASE株式会社(https://thebase.in/404)

こちらのサイトの特徴は「ショップを作ってみませんか?」と自社のサービスに誘導している点です。
ショップを探していて、もしくは商品を探していて、このページに辿り着くと、少々困るかもしれませんが、
無料でネットショップができることなどを訴求し、これまで消費者だったユーザーからの転換を狙っているのではないかと個人的に感じます。
(特にこちらのサービスの利用者は、自分で何かをしたい、お店を持ちたいと思うユーザーも多そうですよね)

ブランディングに活用している事例

日本コカ・コーラ株式会社(https://www.cocacola.co.jp/404)

空き缶を上部から見下ろし、それを404のゼロに見立てたデザインです。
また4の数字も、取扱商品のまわりに水滴がついた様子をイメージさせるような雰囲気。
この会社だからこそ出来るデザインだという印象です。

 

株式会社サクラクレパス(https://www.craypas.com/404.php)

404ページの界隈では非常に有名なエラーページです。
商品である消しゴムが、もしかしたらお探しのページを消したのかもしれないというジョークを交えつつ、商品を活かした404ページだという印象です。

 

今回は大手企業の事例ばかりを紹介してしまいましたが、実際こういった作り込みは、中小企業でも出来ることばかりです。
実際にユーザーがサイトへ訪れた際、もしもページが見つからなかった場合、どういったことで「迷うのだろう」「困るのだろう」と思いを巡らしてみることで、確実にユーザーが使いやすいサイトへ仕上がっていくと思います。

サイト内検索フォームを置くだけでもきっとユーザーの動きは変わるでしょうし、ミニサイトマップを置くと、ユーザーが別のコンテンツに興味を持ってくれるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る