blog
ブログ

IPv6について考える

光回線を使っているのに、速度が全然でない。スマホのほうが速いような気がする。
といった方は今回のV6サービスを検討してみてはどうでしょうか。
光は1Gbpsの速度が出るといわれたのに、なぜ光なのに速度が遅いのでしょうか。
これはそもそも1Gbpsというのは最大であり理論値ということに原因があるのです。

ADSLから光回線への移行も進み、利用者が日々増え続けていることが考えられます。
当然、利用者が増えるので、光回線といえども回線が混雑してきます。
しかも、最近では動画等の大容量のデータを消費するコンテンツの増加も一役買っています。

では、どうすれば快適な速度を得ることができるのでしょう。
現在のフレッツ光回線の規格がそもそも古くどうしても混雑してしまうのです。
では、混雑をなくすことを考える一つに、新しい規格のサービスを作ればいいわけです。
そこで登場したのが、今のIPv4に対してIPv6という規格になります。
IPv6という規格は以前からありましたが、普及しなかったのはインターネット回線に使うにはいろいろと問題もあったわけです。

ここでメリットとデメリットを考えてみます。
メリット
現行の光回線を新規格に変更することで旧規格で混雑していたところを通らないため高速が見込まれます。
光電話を併用していて、ホームゲートウェイをお使いの方は基本的にそのままご利用できます。
速度が数倍~100倍くらいになる場合もあるようです。
家庭内のIPアドレスに変更はないので再構築のリスクも多くないはずです。

とまあ、メリットも多いわけですが、勿論デメリットもありますので考えてみましょう。
デメリット
古いIPv6未対応のルーターは使えなくなるので買い替えが必要になります。
オンラインゲームをされる方は、利用できないゲームも存在するので特に注意が必要です。
お使いのオンラインゲーム会社のサポートで事前に確認しておくほうがいいでしょう。
P2Pが必要なサービスの一部(WEBカメラを使った遠隔見守り、050のIP電話、VPN等)でも利用できない場合があります。
固定IPアドレスを使う必要があるサービスはほぼ利用できない(提供している会社がほぼない)と考えましょう。

普通にホームページの閲覧やメールをされる方はおこりにくいのですが、オンラインゲームの一部では利用できないことがあるといわれています。
しかり、これらのデメリットの影響を受けない方は、速度の著しい改善が見込まれるので検討してはどうでしょうか。
現行のIPv4のサービスで不満がない場合は、敢えてリスクをとったサービスに変更することはないでしょう。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る