blog
ブログ

イラレ作業効率アップ!?便利機能をサクッと動画で公開

こんにちは!デザイナーの角谷です。
今回は、普段デザイン業務で使用しているAdobe Illustratorの私的お気に入り機能についてのご紹介です。
Adobe Illustrator概要についてはこちらを参照
Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)は、アドビシステムズが販売するベクターイメージ編集ソフトウェア(ドローソフト)である。
イラスト制作は勿論のこと、ロゴタイプや図面、広告、パッケージなどをデザインする描画ツールソフトとして、印刷業界などあらゆる分野で使用されている。特にDTP業界においては印刷物(チラシや小冊子)制作ソフトとしてはデファクトスタンダードとなっていて、デザイナーはAdobe Photoshopと併せて使用する場合も多い。また、プラグインを追加することで、CADや3DCG機能などを拡張することもできるので、様々な分野のクリエイターが使用している。
ーWikipedia
常にバージョンアップをし続け、たくさんの素晴らしい機能を搭載しているAdobe Illustrator(以後、イラレ)。
機能がありすぎるがゆえに、知らない機能も多く、「こんなんもあったんや!!」と発見することもしばしばです。発見もまた楽しいですね。

お気に入りその1、画像トレース!

画像トレースは、jpg,pngといった画像データをベクターデータに変換してイラレで編集できるようにする機能です。
高精度なトレースから、2色変換など用途に合わせて設定が可能です。
実務では、あえて人が書いた手書きの文字やイラストをデザインに取り入れたいときに画像トレースを活用して、オブジェクトをアウトライン化し、自由に編集できる素材を作ることが多い印象です。(個人の見解です)

●角谷的使い方

イラストや文字を描く→取り込もうと思ったらスキャナがない→iPhoneで写真とる→エアドロップでMacに送信→イラレのアートボードに配置→画像トレース

●画像トレースの好きなところ

画像トレースの変換ボタンを押したらほぼほぼ理想の形にはなりますが、細部はどうしても気になります。その際に詳細オプションで細かい調整を行えるところが最大の魅力です。細かい調整をやってる私感が得られます。
製作中の画面はこんな感じで、あっという間に素材ができます。


 

お気に入りその2、文字タッチツール!

文字タッチツールは、文字をアウトライン化せずに一文字ずつ、上下左右、拡大縮小、角度の変更ができる機能です。タイトルロゴなど作るときに便利です。
この機能ができる以前は、文字をアウトライン化したり、一文字ずつのテキストを並べたりと手間がかかっていましたが、簡単にメリハリのある文字デザインが作れます。

●文字タッチツールの好きなところ

文字に動きが出て表情が生まれる気がするところ。(*´ω`*)
製作中の画面はこんな感じです。

 
 
今回は個人的にお気に入りのイラレ機能の紹介でした!
Adobeのイラストレーターやフォトショップにはたくさんの機能があるので、今後も小出しに紹介していきたいと思います。笑
ちなみに、初めてスクリーンショットの動画版、スクリーンムービー?を撮影してgifにしてみました。
イラレの機能ではないですが、今回のようにyoutubeにあげるほどではないけど過程を見せたいときとかに有効的だなと思いました。
では!

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る