blog
ブログ

SEからWebデザイナーへ。転職して思うこと

はじめまして。デザイナーの渡邊です。

デジタルバンクに入社して1年とちょっと経ちましたが、
毎日新しいことを勉強する日々です。

そんな私は前職、Webデザイナーではなくエンジニアをしていました。
この記事を書く前にエンジニアからデザイナーになっている人はどれほどいるのか探してみると、結構いるようなんです。
フロントエンドエンジニアという職種もあるくらいですから、
エンジニアとWebデザイナーは結構近い職種なのかも。

なので今回は、私のようにSEからデザイナーへの道を考えている人に向けて、
疑問や悩みが少しでも解決できたらなと思います。

SEは東京で3年勤めました。
自社での開発はしていなかったので、様々な企業に常駐し、プロジェクトに携わっていました。中には自社から数名で同じプロジェクトに入ることもあるのですが、私の場合、一緒に働いたことはありませんでした。

出向先の人は皆さんとても良い人たちばかりだったので、ノンストレスで毎日楽しく働いていましたが、やっぱり自社で働けたらなという気持ちはいつも持っていました。

また、プロジェクトが1年かかるような長期なものだったこともあり、出向している身のしかもSE歴も浅い私に責任ある仕事なんて回ってくるわけもなく、(回ってきてもクライアントがデカすぎて責任なんて取れないのですが…)
なんだか毎日やりがいを求めていました。

そんな時、地元大分での転職を考えていた時に偶然見つけたのが、デジタルバンクでのWebデザイナーの求人でした。
もともと大学でデザインを学んでいたこともあり、デザイナーは憧れでもあったので、
不安より期待の気持ちいっぱいでWebデザイナーの道に飛び込みました。

今は先輩方のデザインをチラ見しつつ、いろいろ教えてもらいながら日々奮闘していますが、
やっぱり好きな仕事だなと日々感じています。

Webデザイナーになるのに資格は必要ありません。
答えのあるプログラムに対し、答えのないデザインはとにかく経験をたくさん積むことが大事になります。(私が今一番日々感じていることです)
エンジニアで培ったスキルを活かせる場も多いので、勇気と自信を持って異業界に一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー
ブログ一覧に戻る