blog
ブログ

見える化する事のメリットとは
見える化する事のメリットとは

こんにちは3月にJOINしました平川です。
ウェブのお仕事に20年以上携わっていますが数年程ウェブのお仕事から外れておりました。
違う業務を通じてたいへん貴重な経験をさせていただいたのですがウェブのお仕事をやりたくて業界へカムバックしました。
おかげさまで充実した毎日を過ごしております。

業務としては主にシステム開発を担当しており、お客様の「困った!」を共に考えシステム化して課題を解決に向けてお手伝い出来ればと思います。
今後とも宜しくよろしくお願い致します。

さて、私事で恐縮ですが最近スポーツ自転車に乗る事を趣味としています。
12年前に悪い友人にそそのかされてマウンテンバイクを購入したのですがほとんど乗らず妻からは冷たい目で見られる毎日でした。
そんな中、コロナ禍がキッカケで公共機関を利用した通勤から自転車通勤をするようになりました。
乗ってみるとなかなか楽しいのですが次第に楽にそして速く走りたいという思いは高まります。
そして元来凝り性な私はやがて書籍やネットで情報をインプットし、実践、改善を繰り返すようになりました。
例えばはじめの頃は巡航速度が20km/h程度でしたがポジションの変更やパーツの交換で最適化を行うことで現在では28〜30km/hで巡航が可能になりました。
車体重量も13kgから11kgに軽量化(スポーツバイクとしてはとても鈍重です)。
恐らくこの辺りから所謂「沼」に入ってしまったのだと思います。
ついにはサイクルコンピュータなるものを買ってしまいました・・・。

サイクルコンピュータとは各種センサーと共に自転車に取り付けて速度、距離、時間、勾配、ケイデンス数、心拍数、etc...を計測し表示するものです。
これがあればライド中に様々なデータを見ながらペースをコントロールしてマネジメントする事が可能になります。
そしてある程度メジャーなブランド物であればスポーツ系SNS(Strava等)に計測データを記録完了時に連携する事が可能です。
計測データを時系列に記録しますので自分の成長がデータで”見える化”されます。
「パーツを変更したのでライドで巡航速度が2km/h上がった!」や「ポジションを変更してヒルクライムのタイムが落ちた・・・」等、事前に行ったアクションに対してのリザルトが数値で把握出来るので原因の特定が行いやすくなるメリットが生まれます。
次回以降それらを改善する為にああしよう、こうしようと考えて実践していくのがとても楽しくなりモチベーションの維持にもたいへん効果的です。

そしてこれらがPDCAサイクルである事に気づきます。
実はこのサイクル、(やや強引ですが)ホームページの運営と同じなのです。

お客様によりホームページに求めるゴールは違うので一概にすべてがそうだとは言い切れませんがホームページは「公開して終わり」ではなく「公開してから始まり」です。
そして運用する中で様々なデータを取得し、分析を行い、ビジネスをより良くするためにアクションを行います。
PDCAサイクルです。
弊社は作るだけではなく運用フェーズにおいてもお客様と共に協力し、課題を解決出来る企業であると自負しております。
「他のホームページ制作とはちょっと違うかも?」と思っていただければ幸いです。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

自社のサービスや商品をより売り上げアップさせたい方へネット集客を学ぶ無料メルマガ配信中自社のサービスや商品をより売り上げアップさせたい方へネット集客を学ぶ無料メルマガ配信中

facebookでも情報を発信しています

facebookをフォロー

過去のブログ

同じカテゴリの記事

ブログ一覧に戻る