動画広告(TrueView広告)

“動画広告を始めるなら今がチャンス!”

Youtubeの動画広告(TrueView広告)は、まだ導入企業が少なく、テレビCMと比較しても広告費用に対して高い効果を得ることが出来ます。

映像を使用した直感的な表現で顧客を囲い込むことが可能です。

動画広告サービスとは?

YouTube利用者(1,400万人)へ低単価で動画広告を出せます!

YouTubeとは世界最大のユーザー数を誇る動画メディアです。
TrueViewとは、その動画メディアに広告を低価格で出稿できるサービスです。
ユーザーがYouTube動画を閲覧する際に、動画広告をランダムに表示させることができます。

テレビCMと同等の成果を低予算で

動画広告は、テレビCMほど予算をかけずに、広告出稿が可能なことが魅力。しかも、料金が発生するのは、ユーザーが動画を30秒以上視聴した場合のみ。まさに低単価、低リスクで広告出稿ができるベストな広告手法です。

CC広告とは?

動画の広告配信で見込客のリストが手に入る

デジタルバンクが行っているサービスの事をCC(CM&Chase)広告と呼びます。
動画配信を意味するCM。追跡を意味するChase。これらを総称して、CC広告と呼んでいます。
通常の動画広告配信サービスは、動画を流すだけで終わるケースが殆どですが、弊社の動画広告サービスは、動画を流して終わりではありません。

デジタルバンクが行っている動画広告サービスの事をCC(CM&Chase)広告と呼びます。

映像広告を意味するCM。追跡を意味するChase。これらを略して、「CC広告」。

一般的な動画広告配信サービスは、動画を流すだけで終わるケースが殆どですが、弊社の動画広告サービスは、顧客への効果的なアプローチを可能にします。

顧客への効果的なアプローチとは?

動画広告は、動画を配信しただけでは商材を認知させることは出来ても、売上に直結させることは出来ません。
デジタルバンクのCC広告なら動画広告を配信した後に、興味を持ってくれたユーザーに対し、 バナー広告を配信すること出来るので効率的かつ効果的な広告運用が可能です。
これはテレビCMでは不可能な手法です。

CC広告(YouTube動画広告)をおすすめする5つのポイント

ポイント1 圧倒的なユーザー数(1,400万人)へアプローチ

YouTubeの1日の利用者は1,400万人と言われています。つまり、YouTubeで広告を流すだけでも最大1,400万人のユーザーへのアプローチが可能になります。それは、テレビCMに引けをとらないと言っても良いでしょう。

10代~60代以上の幅広い層にアプローチ可能

YouTubeの利用者を年齢別で見てみると、いかに幅広い年齢層の方たちに利用されているかがわかります。
実は、インターネットが苦手と思われがちな60代以上の方々にも利用されているのがYouTubeです。

テレビCMは見られている?

昨今、テレビ離れの傾向があると言われていますが、実際に20代の13.5%は全くテレビを見ない、という統計データも出ています。
さらに、最新の録画機器にはCMを飛ばすスキップ機能が搭載されているものもあり、テレビCMはさらに見られなくなっていると言われています。

ポイント2 アプローチしたい人に絞って広告配信が可能

TrueView広告では、ユーザー層を絞った広告配信が可能です。
例えば、

20代で大分に住んでいて、ファッションに興味がある層
30代で福岡に住んでいて、投資に興味がある層
40代女性で熊本に住んでいて、美容に興味を持っている層

など、様々なユーザーの絞り込みが可能です。
ターゲットとしたい層を絞る事で、より効果的な広告投資が可能になります。

ポイント3 30秒以上閲覧された広告だけが課金対象

その動画広告を30秒以上閲覧された時にだけ課金されるので、再生回数に対しての広告単価が低く抑えられます。(15秒CMの場合は、15秒閲覧)

また興味のないユーザーは、すぐに動画広告を閉じるので、30秒以上閲覧したユーザーは興味を持っているユーザーであり、興味を持つユーザーのみに対して課金される効率的な広告手法です。

ポイント4 導入企業が少ないため広告単価が安い

Trueview広告が始まってからまだ間もないため、導入企業も少なく、広告単価がとても安く抑えられます。ユーザーの1視聴あたりの相場が2円、3円~で、リスティング広告と比較してかなり単価が安くなっています。 課金対象が30秒以上動画を閲覧した方だけと限定出来るのと同時に、ユーザーの1視聴あたりの単価がとても安いのが特徴です。今後、広告単価は徐々に高騰していくことが予想されますので、導入するなら今がチャンスです。

ポイント5 リターゲティング広告でさらに効果アップ!

CC広告を利用すると、動画広告を閲覧したユーザーに対して広告出稿をしたり、動画視聴後に自社サイトに訪れたユーザーにだけ広告を出稿することが可能です。課金対象は30秒以上閲覧したユーザーに限定されているので、商品に興味を持っているユーザーに絞った広告出稿が可能になります。

CC動画広告とその他の広告の違い

2円からという低単価で広告出稿ができます

リスティング広告は多数の企業が参入する激戦区。一方、動画広告を配信されている方は、まだ少なく視聴単価がとても安いため、より効果的な広告効果を得られることが可能です。リスティング広告は、顕在化されたニーズを持つ顧客へのアプローチに適しているのに対して、動画広告では潜在的なニーズを持った顧客へアプローチすることが可能です。

見込客のみの広告配信で広告費を削減

さらに動画を閲覧した顧客に限って、バナー広告を配信する事もできますので、興味を持ったお客様へ効率的な広告配信を行う事が出来ます。日本では動画広告配信を始めている企業が少なく、視聴単価も安いので、効率的なマーケティング活動の実現をサポートさせて頂くことが可能です。

動画を閲覧したユーザーに限って、バナー広告を配信する事ができるので、興味を持ったユーザーへ効率的な広告配信を行う事が可能です。日本ではまだ動画広告配信を始めている企業が少ないため、視聴単価も安く、効率的な広告運用が可能です。

広告費を大幅削減!その効果はテレビCM以上!

テレビCMを出稿する場合、ワンクール3000万円~5000万円の費用がかかると言われています。しかし、その効果は測定方法が曖昧で、正確な計測は難しい状況です。
さらに売上にどう貢献したかなどは全くわからないというのが現状です。

確実な効果測定が低予算できる

テレビCMと比較して、CC広告は、予算100万円程度の低予算から始める事ができるマーケティング手法です。詳細な効果測定も可能ですので、どの地域のどの年齢層にどの程度の閲覧があったか?といった事まで把握できます。

テレビCM CC広告
年齢層による配信 番組や曜日から年齢層を類推して配信 細かな年齢層を指定可能
エリア配信 都道府県単位 都道府県、市町村、ある地域からの半径指定など
興味関心による配信 番組内容から類推 ユーザーの嗜好、興味をジャンルから指定して配信
視聴者のデータ取得 視聴率のみ 年齢性別、エリアなど細かく取得可能
視聴者の囲い込み手法 別の施策が必要 視聴ユーザーに対して追跡広告の出稿が可能
ブランディング 依然大きな影響力がある インパクトによる口コミ効果で話題となる事例が多数あり
視聴者数 確実な視聴者数は取得不可能 人数、秒数まで確実に計測可能
効果 効果測定が難しく、実際の効果がわからない 視聴者の年齢、性別、興味を取得して、それらを見込み客化することが可能
コスト 年間で数千万~億の単位で必要 低予算で可能

動画の制作から広告配信まで全ておまかせください

動画広告配信だけでなく、動画の制作もデジタルバンクにおまかせ下さい。
制作をおまかせ頂くことにより、より効果の高いクリエイティブを選ぶABテストなど広告効果を最大化する手法がご提案可能になります。
その他映像を使ったプロモーションなどお気軽にご相談ください。