SEO対策

“検索での上位表示が集客・売上アップの近道です!”

企業のマーケティングにおいて、多くの企業ではその戦略をインターネットに移しつつあります。各社とも広告出稿と合わせてSEO対策をマーケティングの柱と位置づけて、顧客獲得に取り組んでいます。デジタルバンクでは、永年の経験と豊富なノウハウで、お客様の検索上位表示をサポートします。

SEOとは、検索結果の上位に自社のWebサイトを表示させることです

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となります。
ウェブサイトをYahooやGoogleなどの検索エンジンにおいて検索結果の上位に表示されるための施策がSEO対策です。

検索エンジンの上位いれば集客アップにつながる

Yahoo! JAPANよると、1日平均総ページビュー数は、14億を超えており、 月間総ページビュー数では430億ページビューにもなり、高い集客力をもっていることがわかります。
現在、日本では商品・サービスの情報収集の際に約8割のインターネットユーザ(Yahoo!JAPAN調査)が検索エンジンを利用し、その検索結果ページからそれぞれのサイトに訪問する、という事になります。
さらに検索エンジン利用者の多くは、検索結果の1ページ目以内に表示された結果しか見ないというデータも出ています。
検索エンジンの検索の表示順位に表示されるとこにより大半のユーザーは検索エンジンから信用を得ている「その分野におけるトップ企業だと思う」と答えています。
クリック率もさることながらブランディング効果も期待できます。

Yahoo! JAPANよると、1日平均総ページビュー数は14億を超え、 月間総ページビュー数では430億ページビューにもなり、圧倒的に高い集客力をもっていることがわかります。
調査によると日本では商品やサービスの情報収集の際に約8割のインターネットユーザーが検索エンジンを利用しており、その検索結果ページからそれぞれのサイトを訪問しています。
また検索エンジン利用者の多くは、検索結果の1ページ目以内に表示された結果しか見ないというデータもあり、
検索エンジンの検索の表示順位に表示されることにより大半のユーザーは検索エンジンから信用を得ている「その分野におけるトップ企業だと思う」と答えています。
つまり、上位表示するということは、集客の面だけでなくブランディング効果も期待できることが分かります。

ターゲットユーザーを効率的に集客

一般的な広告(折込広告、TVCM、屋外広告)では、広く商品やサービスの宣伝をすることはできますが、その広告を目にする人がその商品やサービスに興味があるとは限りません。
検索エンジンの利用者は情報を得るために能動的な行動を起こしており、そこに自社のサイトが表示されるようにすることで、「情報を得たい」「買いたい」ユーザーを効果的に集客することが出来ます。

ブランドイメージ向上にも

例えば、検索エンジンでユーザーが「ホテル」で検索した際に、Aホテルのサイトが常に上位に表示されていると、ユーザーは「Aホテルは利用者が多く優れたホテルだろう」という心理が働きます。直接アクセス数を増やすという効果のみならず、検索上位表示は企業イメージの向上にも寄与します。

上位表示で効果的なマーケティングを

せっかく予算をかけて自社サイトを開設しても誰にも見てもらえなければ全く意味がありません。
デジタルバンクは、適切なキーワードでの上位表示を可能にし、豊富なノウハウでお客様とその潜在顧客を結びつけ、ビジネスを加速させます。

ご予算に合わせたSEO対策プランをご提案

お客様のビジネスに合わせた様々なSEO対策プランをご用意。
お客様のサイトの状況・ご予算などに合せた料金体系、SEO対策プランをご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。